脱毛器の種類〜光・熱線・レーザー

 

「そる」とか「抜く」では単にその場からムダ毛をなくすだけで、「生えてこなくする」という効果はありません。

 

そう望むならば、少し前までは、サロンや美容外科に行って、施術を受ける必要がありました。

 

が、今は業務用だけではなく、家庭用の機器も性能の高いものがいくつも出回っています。

 

Bレーザー脱毛

 

業務用のものは美容外科など医療機関でしか使用が許されていません。つまりエステでは使ってません。

 

なのに、これの家庭用が販売されているのです。安全性の確保のために出力はかなり落とされています。

 

よく「光脱毛よりもパワーを上げてあるので、効果が高い」と説明されます。これは間違いです。

 

光脱毛の場合、太陽光に近く、いろいろな波長の光が入り交じっています。が、レーザー脱毛では、最初から必要な波長・性質の光しか発生させません。つまり効率がいいのです。
参考サイト→VIO レーザー脱毛の基礎知識

 

C光脱毛

 

ケノンがこの方式です。多くのサロンが採用しているだけではなく、家庭用脱毛器でも主流です。

 

発生させた光のうち、不要なものはフィルターではじくようになっています。

 

業務用同志の比較でも、家庭用同志の比較でも、効果の上では、レーザー脱毛に劣ります。

 

が、その分、お肌への負担は少なくて済みます。

 

D熱線

 

今のところ、「no!no!HAIR」(ヤーマン)が唯一の製品です。

 

電気シェーバーのような形をしていて、ヘッドの部分に熱線が組み込まれています。

 

お肌に当てると、ムダ毛だけがこれに当たります。ムダ毛は焼け、その熱が毛根にも伝わる、という仕掛けです。